私の苦手なこと(マロン)

私は3年生になって、3クラスから2クラスになりクラスの人数が増えました。沢山人がいると話もしにくくなって、まわりの声がうるさくて集中できなくて、勉強も先生に聞きにくくなりました。それでも3年生の間はみんなと一緒にがんばったけど、4年生になって国語と算数だけひまわり学級で勉強するようにしました。でも、ひまわり学級はすごく簡単なプリントをやくだけだったので、正直私にはあまり合っていなかったと思います。

5年生になって、過疎地の小さな学校に転校しました。そこは、1学年2〜3人の複式学級で、みんなと一緒に勉強できて、解らなくても先生がちゃんと教えてくれました。でも家の都合で6年生の3学期にまた転校することになって、今度は1クラス20人くらいの学校へ行きました。

中学1年の2学期の途中まではちゃんと学校に行っていたけれど、体育祭と文化祭が終わったら部活もしんどくなり、学校に行けなくなりました。私は休み時間は1人でゆっくりしていたいのに、1人でいるといろいろ友達に話しかけられます。あまり友達と一緒にいるのが苦手です。支援学級の先生にほっぺたをさわられるのが嫌でした。先生はコミュニケーションのつもりでさわったみたいだけど、私はあんまり人に急に触られたりするのが苦手です。小さい頃は、運動会のピストルの音や、スーパーで流れている音楽が嫌でした。今は大丈夫だけど、急にテレビの音を大きくされたり騒がしい教室などもあまり好きではありません。

今は学校に行けていないけど、勉強するのは嫌いではありません。自分で勉強したり少人数の中で勉強して高校に行きたいと思います。

(マロンさんは中学1年生、自閉スペクトラム症の女の子です)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク