ADHDと軽度知的障害・自閉症スペクトラムの姉弟を育てて~前編~(リナママ)

我が家には、現在小学5年生になる息子と中学1年生になる娘がいます。娘は軽度知的障害・自閉症スペクトラム、息子はADHD・自閉症スペクトラムと言われています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

娘と息子が生まれてから小学校まで

娘と息子が生まれた頃は都会のど真ん中に住んでいました。

手のかからない育てやすい子~娘が生まれてから幼稚園まで

娘は生まれてから成長も人より早く、手もかからない育てやすい子でした。変わった言い回しをしたり、コップでの飲み方が変わっていたり、3歳頃から急に音に敏感になった時期はありましたが、ただの個性だと思い障害だとは思ってもいませんでした。

幼稚園時代は自由を尊重してくれる園だったので、遊びの時間が終わっても一人やめられなかったり、ロッカーの中がぐちゃぐちゃだったりしましたが、誰とでも仲良くできるしこの子のペースで出来る時がくるだろうと思っていました。

じっとしていないよく動く子~息子が生まれてから幼稚園まで

息子は娘と2歳違いで生まれました。成長は普通で歩けるようになるとじっとしていないよく動く子でした。男の子だからかな?と思いつつも周りのお母さん以上に走り回っていたのでこの頃から多動ではないか?と思いはじめました。

1歳過ぎて少し言葉は出ていたのですが、そのあと話さなくなった時期があり1歳半検診でひっかかりました。それでも言っていることは理解していたので幼稚園に入園する頃には、すっかりおしゃべりになっていました。

幼稚園ではケンカになると衝動性が強いので口より先に手が出てしまい、もめ事も多かったですが理解ある園だったので本人も楽しく3年間を過ごせました。なんども先生に相談しましたが「大丈夫、去年より成長してる」「この子はちゃんとわかってる」など何度も励まされました。

小学校に入学して周りについていけなくなる

自由な校風の幼稚園から公立小学校へ行き、2人の環境はとても変わりました。時間どおりに行動したり、みんなと同じにしなくてはいけない、1時間ずっと座っているということは、とても大変だったようです。家に帰ってくると、外で我慢している分かんしゃくを起こしたりで大変でした。

娘は2年生頃から勉強についていけなくなり、今まで男女関係なく誰とでも仲良くできていたのに、女の子もグループでいたりするようになると輪の中に入っていきにくくなりました。なかなか言葉に出せないので、友達のものを「貰った」といい持って帰ってきてしまうこともありました。

2人そろっての受診へ

3年生になると、3クラスから2クラスになり人数が増えて先生の手もまわらずにますます勉強がわからなくなっていきました。

息子も1年生になり、授業中はじっとしているものの掃除ができなかったり、話してはいけない場面で話してしまったりし、学校の先生に2人一緒の受診を勧められました。
(リナママ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加