人の表情・相手の言葉の意味・周りの空気が読めない

自閉症の人たちは、その場の空気を読むことや、表情から相手の気持ちを察する事が大の苦手です。言葉をその通りに受け取ってしまい、その言葉の裏側の意味を読み取ることができません。

自閉症という日本語の障害名から誤解されがちですが、けっして心を閉ざしているわけでも内気で恥ずかしがりやでもないのに、コミュニケーションがうまく取れないのが自閉症です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

人の表情・相手の言葉の意味・周りの空気が読めない:T君の場合

自閉症の人たちの中にも、人なつこくて、おしゃべりが大好きな人たちがいます。自閉症という障害を、字の通りの障害だと思っていると、
「こんなにおしゃべりで明るい人のどこが自閉症なの?」
と首をかしげてしまうことでしょう。T君もそんな1人です。

バス停でお友達ができた?

おしゃべりが大好きなT君はお勉強もお母さんのお手伝いも真面目にする男の子。毎日学校にバスで通っています。

ある日、バス停でバスを待っていると、優しそうな女の人が
「今日はよいお天気ね」
と、話しかけてきました。

女の人は挨拶をしてきたのですが、T君は女の人がお天気の話をしたいのだと思ってしまいました。

天気の話ならぼくにまかせて!

T君は嬉しくて、今日の朝観た天気予報の結果や、先週の天気、来週の天気予報を細かく話し始めました。T君は天気予報が大好きで、その内容をしっかり暗記しているのです。

女の人がT君の話の合間に何か言おうとしても、T君は夢中で話し続けます。女の人の顔が曇り初めました。

どうして一緒に座ってくれないの?

バスが来たので、T君は、女の人の隣の席でもっと天気について話そう、と張り切ってバスに乗り込みました。ところが女の人はT君から逃げるように、隅っこのひとりがけの席にさっさと座ってしまいました。

なぜ女の人が逃げるように隅っこに座ってしまったのか?T君にはさっぱりわかりません。

※自閉症の特長にも個人差があります、すべての自閉症の方にこの特徴があてはまるわけではありません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加